学会報告(3685字)

 学会報告の話に入る前に、まず学会とは何かを簡単にご説明しておきます。

 同じ分野の研究者たちが集まって、年に一回か何回か、自分の研究のお話をします。それが学会報告です。研究者は本を書いたり、論文を雑誌に寄稿したりと、文筆活動をする以外に、研究者同士で参集して発表と議論をしているわけです(そのほか、授業したり、学内会議に出たり、役員会議したり、調査したり、先生方は忙しそうですね)。大抵は継続的に行っている文献レビューや、調査研究などについての進捗報告・結果報告です。

 大きな学会であれば複数日にわたってどこかの大学で開催されます。休日がほとんどです。部屋をたくさん貸し切って、同時にたくさんの報告者がお話することになります。部屋ごとに大まかにテーマが決まっていまして、関心のある方、同じ分野の研究者が集まって、報告を聞き、質問をし、一通り終わった後に全体討論がなされることもあります。

 

 要するに学会というのは、研究者同士の情報交換、交流の場です。普段は別々の大学で院生生活をしていたり、教鞭を執りつつ研究されていたりするので、学会はそうした研究者同士を結びつけるパーティーのようなもの。報告はさしずめ食事です(パーティー、食事ということの含意は、「飯が不味くても成り立つ」というところにあります。もちろん不味ければクレームは出ますが、基本的には品評しつつも、交流を楽しむ、仕事や共同研究のお話をするといったことがメインになります。同分野っぽいから研究会に誘うとか、共同執筆の話が出たり、批評を繰り出したりなど、コミュニティ活動しているわけです)

 

 私は社会学の人間なので、所属する学会も社会学者たちが運営している学会です。最も規模の大きな日本社会学会大会が先日15日・16日にありました。このほか、エリア別の学会があります。関西社会学会、東海社会学会、西日本社会学会、北海道社会学会などです。そのエリアの大学に所属する研究者や大学院生などが参加します。さらに分野別の学会もあり、都市社会学会、地域社会学会、環境社会学会、政治社会学会などがそうした分野別学会にあたります。より小さな集団になりますので、エリア別であれば大学間交流の意味合いもあり、分野別であればもっと緊密に類似する研究分野の研究者同士が交流することもできますし、テーマセッション、シンポジウムなども分野別のホット・イシューを取り上げて盛んに議論します。

 こうした学会に所属するためには、原則として正会員の紹介が必要になります。大抵は名前だけだと思うのですが、署名をしてもらい、様式に必要事項を記入して事務局に送信、ないし郵送して、承認を待ちます。承認されたら年会費を支払うことで、学会員になることができます。年会費は学会によってまちまちですが、日本社会学会であれば大学院生は年8000円です。それで学会誌なども家に届きます。

 

 ところで「研究会」との違いですが、研究会はもっと研究分野が近い研究者や大学院生が、ホームページや会誌などを持たずに、インフォーマルな形で共同で勉強会や報告会、研究活動を行っているものです。場合によっては科研費を申請して共同研究を行い、報告書を作成したり、本を出したりしているところもあります。大学院生にとっては自分の研究を近しい分野の専門家に見てもらったり、共同研究の機会をいただいたりする可能性のある場所で、積極的に参加したいものです。

 

 さて、前置きが長くなりましたが、学会レポートを簡単に書きます。今回は日本社会学会に報告者として登壇しました。具体的な研究の中身については、稿を改めて書きますので、ここでは学会の雰囲気とか、研究の質などについてリポします。

 まず学会というのは先ほども書きましたが、研究者同士の交流の場であると思います。報告というのは「近況報告」「経過報告」としての側面が強いので、ひとまとまりの研究成果、重要な発見が提示されることは稀であるようです。私が報告した部会も、聴きに出かけた部会も、基本的には自身の研究の事例についての報告が多く、理論的な新しさが提起されるもの、ものすごく鋭い研究視角が提示されるものはあまりありません。他者の研究事例を聞いて、「なるほど、そんなことに関心を持っているのか」とか「そんな事例があって、こんな方法で研究しているんだ」といったことを知って、考えて、質問したりする。それで後程話しかけて名刺を交換して、研究の議論を深める、というのが学会だと思います。

 

 ところで今回は地域研究の部会で報告を聴いていました。いろんな研究をされている方がいますから、研究テーマが被るということは少ないはずですが、地域部会に関しては、非常に顕著な傾向がみられました。というのも3分の1くらいの報告が「地域おこし協力隊」についての事例報告だったのです。

 地域おこし協力隊というのは総務省の事業で、都市から地方へ住民票を移すことを条件に、その移住先で2年、ないし3年、お金をもらいながら地域のためになる活動に従事することができるという制度です。年額で給料は200万程度、それに活動費が同じくらいつきます。参加者の多くは20代~30代の若者です。近年は非常に多くの自治体がこの制度を利用して、外部人材を地域内に呼び込んで、地域PRや商品開発、学校魅力化、IT系技術の導入などを行い、活性化を目指しています。また協力隊員は任期が切れた後も勤務地でそのまま継続して住むことも少なくありません。6割定着、と言われています。そもそも都市から地方へ若者を呼び込むことも、この事業の政策含意です。

 

 地域おこし協力隊が地域研究の中で一つのホット・イシューになっているということでしょう。そういうことが部会の傾向から伺えます。学会報告は品評会のように、ある分野のトレンドとなる研究を知ることのできる場でもあるわけです。研究にも流行り廃りがありますから(それが必ずしも良い研究の蓄積を生むかというと疑問ですが、そうやって年々様々な研究が産出されていくことで、研究者のパースペクティブは豊かになっていくはずです)

 そうそう、なぜ外部人材の研究がトレンドになっているのかは、推測がつきます。もともと人口減少と高齢化が進んでいた地方に、地域おこし協力隊の制度が出来てから、一貫してこれを利用する自治体が増えていきました。その経過をウォッチする研究、例えば地域おこし協力隊員にアンケートをしたり、インタビューをしたり、自治体に対してアンケートをしたりする研究が徐々に増えてきました。新しい制度が始まり、それによって多くの自治体が活性化を狙い、また多くの若者がこれを期に地方へ入り、自己実現を目指したりしているわけですから、それによって何が変わるのか、どのような自治体がどんな形で利用しているのか、どんな人が参加しているのか、というのは新しいトレンドとして社会学の研究対象になるのです。外から境界をまたぎ越して、地域にはない資源や能力を持つ人が流入していく。それによって地域はどのような変容をしていくことになるのか、というのは、ある意味非常にオーソドックスな問いだとも言えます。

 しかしオーソドックスな地域研究であるとするならば、新しい事例を追いかけるだけではなく、これまでの地域社会・地域運営を、どのように変えていくのか、これまでの地域研究の何を引き継ぎ、何を新たにしていくのか、ということがもっと語られてもよいのでは?とも思うわけです。自戒を込めて言いますが、事例をただ紹介するだけで、自分の議論が従来のどういった議論に関連し、何を新しい知見として提示するのかが描かれない研究は、その地域、その分野の限定された範囲の中で意味を持つこと以上のことにはならないと思うのです。

 

 さて、話が横道に逸れましたが、学会というのは、以上で話してきたように、研究の動向を知り、それについて議論したり、交流したりする場となっています。私もかなり粗忽ではありましたが、報告を行うことで、自分と同じ分野の研究者から矢のような質問を受けることになり、部会終了後に自身が引用していた論文の作者から名刺をいただき、共同研究の話を持ちかけて頂くこともありました。そうやって研究の可能性を広げあっていく場であるというのが、初学者である私の学会理解です。

 

 そんな感じで学会を終えたら、夜は所属する研究会のメンバーや旧知の研究者と共に、皆さんまちへくり出していきます。懇親会でお酒を飲みながら、もっと自由に、いろんなお話をする。こういった学会外の交流活動も醍醐味に含まれますし、これを楽しみに参加している方もいるんじゃないかなと思います。お酒を飲んで歓談しながら、研究を分かち合い、悩みや困難を共有し、励ましあっているのです。会社みたいですね。

 

 学会ネタについては初投稿でしたから、一般的な話が多くなりましたが、また参加する機会もあるので、その際には実際の中身について話を書いていくことにします。

 それではまた。

社会を調べるとは?―はじめに3(6310字)

 前回までに社会学という学問について書きました。存在している/した社会についてのメカニズムを明らかにするとともに、そこに生きている人々が「なぜそうしているのか?」ということを知ることを目的にしていると書きました。

 

 今回はその少し漠然としている社会学という学問が、どのようにして社会についての知識にたどり着こうとしているのか、そのための武器について説明していこうと思います。

 

1.2つの方法

 

 まず、社会学という学問には二つの大きな分かれ道があります。一つは「理論」、もう一つは「実証」という分かれ道です。

 理論と実証というと難しく聞こえます。しかしこう言うと簡単です。理論とは何かを徹底的に頭の中で考えてみることです。これはこうなっている。これはきっとこうだからこうなっているに違いない、と突き詰めて想像するのが理論です(めちゃんこ簡単に言っています)。その想像は当たっていることもあれば、ズレている、行き過ぎて間違っていることもあります。

 一方で実証とは、ある社会の中で起きている出来事を実際に話を聞いたり、アンケートをとったりして「本当にそうだろうか」を調べたりする方法です。こちらの方が身近と感じられるかもしれません。実際に色んな人に意見聞いてみたら、一般的に言われていること、あるいは理論で指摘されていることと違ったということがあるわけです。

 

 少し詳しく説明してみましょう。まず理論です。

 これについては経済社会学の「弱い紐帯の理論」が具体例として理解しやすいと思います。「弱い紐帯の理論」とは、M.グラノヴェッターという経済社会学の権威が80年代に提出した理論で、ごく簡単に言うと、人は強い紐帯よりも弱い紐帯から有益な情報を、具体的には良い転職先を見つけることができるだろう、というものです。強い紐帯とは、接触頻度が多く、緊密なコミュニケーションが成り立っているつながりのことで、具体的には親友とか、家族・親族のことです。一方で弱い紐帯とは、親友ほど交友関係の密ではない友人・知人のことです。グラノヴェッターは転職に有利な情報や機会をもたらすのは、類似する性質を持つ強い紐帯で結ばれた人々ではなく、むしろ異なる社会的地位や専門をもつ、すなわち所属集団の異なる弱い紐帯で結ばれた人々であると考えました。

 関係の緊密でない人々からは、普段私たちが手にすることのない情報や機会が流れ込んでくるでしょう。あるいは家族・親族に影響されることのない自由な職場は個人にとって「良い就職先」となる可能性が高いともいえるかもしれません。

 このように考えて、ある種のパターンを抽出するのが理論です。そしてこれが理論である以上、それが「本当にそうか?」は検証できなくては意味がありません。次は実証の説明です。

 

 実際にこの「弱い紐帯の理論」は仮説として扱われ、実証研究にかけられました。転職に際して、弱い紐帯と強い紐帯、どちらが有意に作用しているのかを、いろいろな確認項目を用意して調査し、検討してみるのです。その際にアンケート用紙を配って答えてもらったり、インタビューをしたりして詳細に事実や価値観を確認したりします。そして非常にざっくりですが、アメリカでは実際に、弱い紐帯が個人にとって有益な転職情報をもたらすことが確認されました。しかし一方で日本では、アメリカとは異なる結果が出たと言います。簡潔に言うと、日本では強い紐帯を通して転職情報が多くもたらされたという結果が出てきたのです。詳しくは経済社会学の簡潔で非常に分かりやすいテキスト:『経済社会学のすすめ』第七章をご覧ください*1

 このように理論として提示されたことは、実際に調べてみることで検証されることになります。そして上記のことから、理論は「一部では当てはまるけれど、他のところでは当てはまらない」ということが分かってくることもあるわけです。そうしたら次には「それはなぜなのか」を考え、仮説を立て、また実証をしていくことで、より詳細な社会についての知識を蓄積していくことができるわけです。理論と実証はこうした相互関係にあるものなのです。「恐らくこうなっている」という理論というか、仮説がないと、何を調べるべきなのかわかりませんし、それが正しいのか確認したり、間違っていると考えてもっと鋭利な調査をしたりしないと、理論の正しさや間違いは分かりません。したがって理論と実証は社会学の両輪なのです。

 

2.量的調査と質的調査

 

 先ほど「アンケートをとったりインタビューしたり」というように書きました。アンケートは量的調査、インタビューは質的調査と呼ばれます。例えばアンケートの質問項目は次のように構成されています。

 

① あなたは今の生活にどの程度満足していますか。次の中から一つだけ〇をつけて下さい。

1.とても満足している 2.ある程度満足している 3.あまり満足していない 4.少しも満足していない

 

 これは回答項目が4つなので「四件法」と呼ばれる形式です。このように構成された質問が30とか40とか並んでいるのがアンケートです。アンケートには次のような特徴があります。

 第一に、質問は想定する回答者の誰にでも同じように答えられるように作られています。第二に、自由回答を除いて原則的に「数量化」可能なように作られています。先ほどの質問で言えば「1,2,3,4」で数量化できますし、年齢ならば「20代=1、30代=2、40代=3…」といったように数字を振ってあげれば、まとまりを数量化できます。第三に、一人一人にインタビューするわけではなく、同じ質問が記載された質問紙を用いて調査を行うため、量が集めやすいのです(対象者の家を個別に訪問する形式ではたくさんの人員を用いなければ難しいですが)。

 以上のように、同じ質問を、多くの人にすることができる。またその情報は数量化可能である=統計的に処理することができるため、多く人が、どのような考えを持っているのか、どういった性質をもっているのか、ということが統計的に、つまりパーセンテージで分かる、傾向や偏りが分かるのです。ざっくり量的調査の説明をすると以上にようになります(もちろん、こうして取ってきた情報をどのような処理にかけるのか、ということで分かることが変わってくるのですが、それは応用編なので、そのためのテキストを当たるのが良いでしょう)。

 ある一群の人々がどのような考えを持つ人々で構成されているのか、どのような生活をしている人が、どのくらいいるのか、そういったことを理解した上で、さらにその人々の間に現れる違いがどのような考えや社会的地位、経歴などによって生み出されているのかについての推論を可能にする。それが量的調査です。

 

 一方で質的調査とは、量ではなく、その「質」を調べる調査です。簡単に言うと、量として扱えない、個別的な情報を丁寧に聞き取っていく調査になります。例えば次のように。以下ではAが質問者、Bが回答者です。

 

A「社会学という学問を始めたきっかけはなんですか?」

B「きっかけ、きっかけですか…。そうですね、遡って考えてみると、義務教育時代の友人たちの中で、勉強ができる人もいればできない人もいて、高校卒業後に進学する人もいれば進学しないで就職する人もいて、そういう違いがどこから出てくるのか、もしかしたら本人の考え方とかだけではなくて、彼らの周囲の環境とかが影響しているのかもしれないと考えたことがきっかけですかね」

A「周囲の環境が影響しているかも、と思い立ったのは、何か具体的な経験があったのですが?」

B「みんなそれぞれ違う家庭で生まれ育つじゃないですか。お金に余裕ある家もあれば、それほど余裕のない家もある。親が大学卒業をしている家もあれば、高卒の家もある。必ずしもそういうことが直結するとは思わないけど、きっといくつかの要因が関係して個人の意識が形成されたり、価値観が定まってきたりすると思うんですよ。実際に親が子供の学業に興味なさそうだったり、働けって言う場合もあるし、そういう環境を考えて、人生に差異が生まれてくるのかもしれないって、漠然と思っていたんですよ」

 

 アンケート調査ではあらかじめ質問項目を用意して、それを多くの人が答えられるようにしておきます。この場合、例えば最初のAさんの質問と回答はどうやって作ったらよいでしょうか。Q1.「社会学を専攻した理由として当てはまるもの1つ選んでください」=1.たまたま受かったのが社会学部だったから 2.自分の好きな先生が社会学をやっていたから 3.社会学以外の専攻に魅力を感じなかったから 4.社会学の対象とする研究がしたかったから 5.社会学の方法に惹かれたから…。

 きりがないですね。回答項目も「もれなく」「答えやすいように」作られているのか不安です。「その他」という項目を用意したら、そこに〇が集まるような気がしてなりません。例えば「友達がそこを専攻したから」とか「一番楽に卒業できそうだったから」とか「社会学者を目指していたから」とか…いろいろ考えられます。

 そうなるのは、この質問自体が量に還元して意味のあるものであるというよりも、丁寧に聞いて、その思考のメカニズムや、価値観の形成過程を追いかけることのほうに意味があるものだからです。そして世の中にはこのようにして、丁寧に個別に、聞き取っていかなくては捉えることの難しい人間の価値観や行為、というものがたくさんあるのです。「なぜ中学校から学校に行くのをやめたのか」、「フリーターという生き方を選択したのはなぜか」、「なぜ地元の祭りに参加しようとするのか」、「投票先をどのようにして決定しているのか」(こういったことのすべてがアンケートでは分からないわけではないのですが、一旦は丁寧に聞いて、いくつかの回答パターンを理解しているからこそ、次にはそれをアンケートで確認したり、偏りを把握できたりするわけです)

 

 質的調査は以上のように、丹念に質問していくことを通して、少数の事例から、ある思考や行為が成立していく過程を明らかにすることに向いています。一方でこれは少数の事例しか集めていないので、「他の場所、他の多くの人も、そうなのか」ということが言いにくい、という特徴―すなわち科学的に実証されているのかどうか、という点において弱点があります。友人数名に聞いたことが誰にでも当てはまるかどうかなど分からないし、多分そこまで普遍的な回答は出てくるとしたら、それは質問自体が「誰が答えても同じように答える」ことを聞いているのです。それではそもそも意味がない。

 先ほど、理論と実証は両輪だと言いましたが、実は量と質の調査も両輪です。アンケートで出てきた結果を深く掘り下げる場合にインタビューをすることもありますし、インタビューで理解できたいくつかの回答パターンを質問に盛り込んで、その回答がどのような社会的地位や価値観や経歴と関係しているのかを統計的に確認することもあります。「男性の方が実家からの自立を希望する傾向がある」とか、「高学歴の女性は自分と同等かそれ以上の学歴・収入を持つ男性との結婚を希望する傾向がある」とか、アンケートでないと数量的に確からしいとは言えません。お互いに弱点を埋めあっているのですね。量的調査は統計的正確さの担保や相関関係について確認し、質的調査はざっくりとした質問項目にはできない細かい事実やプロセスの確認、あるいはまだ知られていないような事実についての新情報を得るために行います。社会学は現場から知られざること、認識されていなかったことを学ぶ学問だと思います。

 

 そうそう、質的調査といってもいろいろあります。インタビューは基本的な方法ですが、それだけではなく、ドキュメント分析(文字資料を分析します)や映像資料、音声資料の分析もします。またライフヒストリー法、生活史法、参与観察といった数々の方法が質的調査にはあります。こういった調査法の感覚や面白さ、難しさを伝える良いテキストとして『質的社会調査の方法』*2はおすすめです。オーソドックスな調査の仕方をパターン化して教えるということは非常に難しいし、現場ではアドリブで動いたり発言したりすることが多いので(パターン化というかマニュアル化というか、はできず)、重要なのは「構え」を知ることかもしれません。あるいはテキストの役割は読者と一緒に「現場に降り立った」感覚を共有することなのかもしれません。上にさんざん概説的なことを書いていますが、調査について知ってほしかったら、一番いいのは「それをやっている一般向けの本を読んでみること」、つまり実践事例を見ることだと思います。武器の使い方は体で覚えるしかないと言えば、身もふたもないですが、特に質的調査はそうであるようです。

 

3.おわりに

 

 社会学という学問がどのようにして、対象となる社会、社会集団について明らかにしようとするのかについて、かなり駆け足でまとめてきました。私は社会学の中でも実証研究、とりわけ質的調査の専門ですので、そちらの説明が多くなりましたが、ここまでの記事は詳細な自己紹介や考え方の紹介を兼ねたものですから、ご容赦ください。社会学社会学方法論については先輩方の優れた書籍がたくさんあるので、そこに私が新しい知見を付け加えるということはブログではやりません(できないと言ってはならないのです。やってみようともしていないのに)。ご関心のある方はここで紹介した書籍は親切で読みやすいですから、手に取って頂ければよいかと思います。

 

 それでも最後にこれは言っておきたいと思います。上述の説明はかなり「個人より」の調査とか、理論とかの説明です。個人の行動とか価値観とかを事例にしていますから。しかし実際に社会学者が人々の行動とそのプロセスを追いかけたりするときには、「制度」を考慮することも大いにあります。

 制度というのは結構難しい言葉です。「社会保障制度」のようなものも制度、法律も条令も制度、徴兵制も制度です。多くの人々がその決まりに従ったり、利用したりする共同のルールや社会的な仕組みは制度で、人はそれを作ったのが自分であれ他人であれ、それを共有することを通じて社会を作っています。一方でこうした成文化されていない制度もあります。俗にいう「習慣」も制度なのです。厳密に言うと「人がAという状況では、Xという行為をするだろう」と期待される場合、その期待を構成しているのは制度に他なりません。それが成文化されていなくても、その認識、行為のパターンは「人々があるレベルで共通認識として持ち、時に(無自覚に)従っているもの」だからです。社会学者はこうした一連の、様々な制度という、構築されたルールやパターンを、人々の行動や価値観に影響するものとして捉え、研究しています。投票制度を考えずに投票研究が完結することはないですし、村の慣習を調べることなく個人へのインタビュー分析だけで完結する民俗学的研究もないわけです。このことは私の偏りを戒める意味でも、粗忽ですが書いておきたいと思いました。

 

 今回も長くなりましたが、以上になります。そろそろ概論ではなく、具体的な中身のある評論や時事エッセイでも書きたいところです。

 それでは。

 

*1:渡辺深(2002)『経済社会学のすすめ』八千代出版

*2:岸政彦・石岡丈昇・丸山里美(2016)『質的社会調査の方法―他者の合理性の理解社会学有斐閣

社会学とは何か―はじめに2(5633字) 

 冒頭の自己紹介にも書きましたが、私は社会学、とりわけその中でも社会調査をしている人間です。そのため自分が対象としているフィールドに出かけ、住民の方々の話をお聞きする機会が多いのですが、逆質問というか、「どういうことをしている人なの?」という疑問を向けられることが多いのです(これに対して研究者の方々は、それぞれの回答を用意していると思います)

 

 きっとこれはフィールドに出かけることの多い研究者は誰しも経験したことがあるはずですが、こと社会学においては多いかもしれません。というのも、社会学という学問は何をしているのかということが―それこそこういった書き出しが教科書においてよく見かけるものになるくらい―分かりにくいからです。

 経済学であれば「お金の動きとか、経済について研究しているんだな」と分かるし、政治学であれば「あの政治家たちとか、外交とかについて研究しているんだな」とイメージはつかみやすいはずです。法学は馴染みがない分だけ分かりづらいかもしれませんが、法律についての専門家だというくらいは分かるはずです。では社会学は?

 

1.社会学とは何か

 

 上にあげた学問が分かりやすいのは、ずばり「何を対象とする学問かが名称に入っているし、その範囲が比較的限定されているから」です。一方で社会学とは社会を研究する学問なのですが、その社会というのが分かりにくいわけです。

 ちょうど今、私が記事を書いているパソコンの横に社会学のテキストがありました。『社会学の力』という本です。*1。冒頭にこう書いてあります。

 

社会学という学問が,「社会についての学問」であることは言うまでもありません。しかし「社会についての学問だ」と言った瞬間に,「それでは社会とは何か」という問いが生まれます(友枝ほか2017:i)

 

 社会学とは社会を研究する学問なのですが、その「社会」というのがやっかいです。皆さんは社会とは何か、と問われて、それについて説明することができますか?

 私なりの説明は次のようなものです。社会とは「人と人とが関係しあって生きることによって生じる、ルールや習慣、上下関係や格差、利害関係を内包した集合行為の単位」のことです。 

 

 別の説明をしましょう。社会とは「空間的広がり」でしょうか?例えば○○県は社会でしょうか、日本は社会でしょうか、あるいは△△集落は社会でしょうか?おそらくそこに、人と人とのやりとりがあるならば社会でしょう。そして人と人とがやりとりを始めると、そこにはある種の「秩序」が生まれます。秩序とは繰り返し現れるパターンです。「うちの村では月の初めの日曜日に、集会を行う。そこで季節ごとの祭りや町内イベントの役員を代表が決め、役割を分担し、出し物などを話し合う」というのは、秩序です。そうしたほうが「やりやすい」と思われるから、あるいは今までそうしてきたから、そうします。社会学とはこうした、ある特定の空間的な範囲に出現する秩序の形、なりたちを明らかにします(もっと詳しくいうと、こうしたパターンが生まれた後、ずっと同じことが繰り返されるのでは社会が変わりません。それを何かしらの形で変える出来事、変える人が出てくる…つまり「逸脱」が生じるから社会は変化していくのです。社会学はそうした逸脱も研究してきました)

 

 一方で次のような場合はどうでしょう。最近はFacebookTwitter、その他様々なインターネットで人々のやりとりが生じています。これは「社会」でしょうか?

 実はこれも社会です。そこには人々がやりとりをする決まった、いくつかのパターンや目的、利害、上下関係、格差といったものが発生しうるからです。いや、これは正確な説明ではありません。人々が関係しあうことで、そこにある種のルールが生まれる時、それを研究するのが社会学であり、社会学がそこに「社会を見出す」のです。だからそこが目に見えるような場所であるとか、限定的な空間であるとか、そういったことは本質的に関係がありません。

 

 少しわかりにくい話になってしまいました。要はこうです。社会というのはそもそも「目に見えない」ものです。物理的に社会というものを捉えることはできません。

 目に見えないものであり、触れることができないものである以上、それは人々が「そこに社会=人々の営み、がある!」と見なさないことには、存在しえないものである、ということです(これも一つの立ち位置、理解の仕方にすぎませんが)。ですから社会学者とは、まず、そのような形で、人と人との営みのありかを探す職業であるのです。そこに人が関係しあって、ある種の決まり事が、差異が、問題が生じている。それを見つけた地点に社会はできます。というより、その発見がないと、そこが社会だと見なせないですね。社会学者は様々な人々のつながりとそのルールを発見する「観測者」である、と言うことができそうです。

 

 例を挙げましょう。皆さんは「コミケ」というものをご存知でしょうか?コミケとはコミック・マーケットの略称です。基本的には出版社や制作会社に属さないような個人やサークルが、自主制作した漫画やアニメーション、グッズなどを販売する一日~数日の市場のことです。そこには80年代の後半から「オタク」と呼ばれた各分野のマニアが集い、アマチュアが二次制作した作品を売ったり買ったりしていました(オタクの定義も時代と共に変わってきたと思います。最近ではマニアでなくとも○○オタクと言うことは珍しくないですよね)。ではどのくらいの人々が、どのような作品を、どのような形で商品にして、消費しているのでしょうか?一人がそういったことをしているのではなく、多くの人がそうしています。現在はコミケの動員数は複数日の場合、100万人を超えています。また当日会場に並び立つブースには人気のものもあれば、そうでないものもあります。何が基準なのでしょうか?流行りのアニメもあれば、元々が同人作品であったゲームや漫画のブースもたくさんあります。

 人々が何事かに引き寄せられるようにして、集合行動をしている。そこには何かしらのメカニズムが働いているはずだ。バラバラな個人がその数日間は特定の場所に集い、一緒になって「祭り」を楽しんでいる。「コミケ社会学」が成立するゆえんです。

 社会現象には理由があります。なぜそのようなことが生じるのか、どのような形で生じるのか、調べることができます。それができるのは、そこに「社会がある」と見なせるからです。繰り返しますが、社会学は人々の集合行動を見つけ、そこに社会を見つけ出し、社会であるがゆえに生じるパターンや問題を見つけ出す学問なのです。

 

2.社会学の目的とは?

 

 さて、社会学がそのような形で「集合行為としての社会」を見つけ出す学問であることを見てきました。現在、この社会学という学問領域には様々なものがあります。地域社会学、都市社会学、政治社会学、宗教社会学、教育社会学、医療社会学、労働社会学、文化社会学、経済社会学などです。

 人々が一緒になって何かをするとき、それはいつもバラバラでランダムに行われるわけではありません。宗教には経典がありますし、破ってはならない戒律がありますね。経済活動には習慣的な行動や法的な拘束があります。病院という空間は日常的な生活空間とは別のルールがあります。普段とは異なる服装をして、限られた行動範囲を動き、定められた規則や「直さなきゃ」「できるだけ長く生きなければ」といった物語に支配される空間である、とも言われます。

 

 ではこうした形で社会学が人々の集合的な行動を観察し、そのメカニズムを明らかにしようとする目的は何でしょうか?

 もちろん、それぞれの分野、それぞれの研究者に言い分があるはずですし、それで問題はありません。なぜそれを知ろうと思ったのかは、個人によって異なるはずだからです。私は次のように考えています。まず抽象的な話からです。

 

 「人々がある形で行為する、その法則性や決まりを知り、その原因を考えることで、それを維持したり変えたりする方法を考えることができるようになるから」

 

 例えば人々が投票に行かなくなった、とします(実際に若者を中心に投票率は下がっています)。社会学はこのメカニズムを探ります。どういう人がとりわけ行かなくなったのだろう、それによってどんな問題が起こるだろう、行く人はどういう理由で行くのだろう、どうやったらテコ入れをできるだろう、と考えていきます。あるいは別の仕組みを考えるかもしれませんね。投票はネットでとか、そもそも成人したら投票する権利を自動的に得られる、というのは止めよう、と考えることもできます。また次のようにも説明できます。

 

 「人は様々な理由、様々なきっかけで、ある種の行動を行う。社会学はそのような“他者”の行動が、いかなる理由で行われるのかを明らかにする学問であり、その理解は、人々が共に生きていくうえで重要な情報である」

 

 これは非常に分かりにくい話だと思います。なのでもっと小さな事例で説明してみたと思います。例えば次のような話です。

  

 A君はB君のことが気に入りません。二人は高校の同級生で、同じバスケットボール部に所属しています。あるときからB君は部活に来なくなりました。優秀な選手だったB君が抜けて、チームの力や士気が下がり、主将であるA君はそのことが不満でした。なぜ部活に来なくなったのか、B君に問いただしてもB君は答えません。そのことも不満で仕方がありませんでした。

 ある時、A君はB君が部活に来なくなった理由を知りました。B君はアルバイトをしていたのです。B君の父親はガンで亡くなっていました。年下の兄弟の学費や生活費をまかなうために、B君は部活に出るのではなくアルバイトをしていたのです。

 この時からA君はB君に不満を言うことをやめました。そして数年後、再会した時に、なぜそのことを相談してくれなかったのかをA君は問いただしました。B君は次のように答えました。

 「父親が亡くなったことを理由に部活を頑張れなくなったって、言いたくなかった。同情されたくなかったし、申し訳ない気持ちもあって、言い出せなかった」

 A君はB君の性格も考えて納得しました。「話してほしかったけれど、家族が亡くなったこと、貧しくなって自分が働かざるを得なくなったことなんて、いつもふざけあって過ごしてた友達に知ってほしくないかもしれないな…」

 

 これは小さな関係性の中での話です。しかしここに凝縮されているのは、「知らないということが人を責める理由になり、知ることが人を受け入れるきっかけになる」可能性についてです。私たちが人やグループについて知っていることはわずかです。そのわずかな情報から、時に独断と偏見で人を判断し、責めたり過剰に愛したりするものなのです。

 社会学という学問は様々な視点から、様々な対象について「知ること」を促す学問です。人が共に暮らす中で起きてくる対立は「知らない」こと、それゆえに生じる恐怖や不信、誤解、無関心から生まれるはずです。だから社会学という学問は、問題が生じてくるメカニズムを明らかにするとともに、知らないを「分かる」に変えていく、それも特定の分野に限らずに様々な人と人との結びつきの局面で変えていく学問なのだと言えます。これは社会学固有の使命です。なぜなら、物理法則が分かっても、金の回り方がわかっても、法律の裁判における適用過程がわかっても、他者の理解は進まないからです(もちろん、それぞれの学問にはそれぞれの意味があるわけです)。ゆえに社会学アイデンティティの一つとして、他者の理解ということがあげられるのです。犯罪はどのような理由で起こったのか、生活が苦しい人はなぜ苦しいのか、人はなぜ「不良」になっていくのか、地域が衰退していく理由とは何なのか…。そういったことを社会学は人の営みの、連綿たる連なりの帰結として明らかにしていきます。

 

3.まとめ

 

 少し長くなってしまいましたので、ここで話をまとめておきましょう。

 社会学とは特定の空間に限らず生じる人々の共同行為を対象として、そのパターンや問題性を明らかにする学問です。あるいは人々の新しい相互行為を見つけ出し、新しい社会の新しい営みのメカニズムから、社会をより豊かに描き出す学問と言ってよいかと思います。

 そしてその目的は、そのようなメカニズムの解読を通して、その原因やプロセスを変えていく、維持していく方法を考えるためです。さらにそのようにして生み出される知識は、人々にとっての「知られざる他者」を理解することに役立ちます。無理解が遠慮のない暴力や排斥を生むことなく、理解したうえで共に解決策を考えられるような、そうした知識の産出を目指しています。

 

 こう言ってみると、何か崇高なことをしているように見られるかもしれませんが、そんなことはないと思います。物理学が人間を含んで取り巻く環境に働く力を(認知しうる限りで)数学的に明らかにするとすれば、社会学とは人間にとって「意味がありそうな出来事や行為を拾い上げて、その仕組みや動機を理解する」という、徹底的に人間の「社会・他者認識」に依存した学問なのです。難しい言い方をすれば客観的な実在を仮定するのではなく、人間の主観的な意味付けと行為パターンについての考究が社会学です。

 

 ではそうした社会学は、どのような方法で進められていくのでしょうか?次回の記事はそのことについて書きたいと思います。とりわけ私の専門である社会調査について詳しく書いて、本ブログの導入編は終わりたいと思います。

 

 それではまた。

 

                          2018年8月30日:3時25分

*1:友枝敏雄・浜日出夫・山田真茂留 編(2017)『社会学の力―最重要概念・命題集』有斐閣

はじめに―ブログのコンセプトと自己紹介(1234字)

 最初に自己紹介を兼ねて本ブログのコンセプトを三つ挙げておきます。

 

1.本ブログは公開前提のメモ帳

2.内容はいろいろ

3.週一以上の更新努力

 

 こんなところです。まず1について、本ブログは社会学の研究をしている筆者が作成する雑記的メモです。学術的な話がいくらか出てきます。しかし公開前提なので、専門的な話をできる限り分かりやすく書くことを目標にしています。ここは「象牙の塔」ではありませんので、広く読んでもらえるように内容を構成します。

 

 2はそのままです。10年以上前から私が書いていたブログもそうでした。映画が好きなので良い映画を見たら評論を書きますし、素敵な本を読んだらその評論を書くこともあります。時事評論も分析的に書ければ身の肥やしになりますし、読んでもらえたなら蓄積になるようなものを書きたいと思います。ですが多くは専門書籍の簡潔な解題になるはずです。現在はそちらの方に時間を使っていますので、その分だけ研究のことが多くなります。このブログは私の脳みそみたいなものです。それをパブリックにさらしても読むに堪えるものにできればよいのですが。

 

 3は努力目標です。継続は力なり。以前は年間で50万字くらいは文章を書いていたはずです。その分、書きなれており、書くことに抵抗はなかったのですが、止めてしばらく経つと一文目を書き出す筆先が重くなってしまいました。またブログを始めたのはこうした状況を打開するとともに、アイディアを形にするレッスンを日常的に行うためでもあります。もちろん、誰かの目に留まれば読んで良かったというものにしたいという思いはありますが、基本的にこれは私のメモであり、習慣にしたいものです。

 

 さて、ここまではブログのコンセプトでした。ここからは簡単な自己紹介。

 まず私は大学院生です。いわゆるドクターという身分であり、まだ学生です。専門は社会学で、とりわけ質的研究を行い論文を書き、学会発表をしています(若者の社会参加、地域参加、政治参加といった、「自分たちが所属している集団に対して、いかなる形で働きかけるのか、なぜそのような形で行動するのか」―例えばまちづくりとか、デモとか、ボランティアとかもそうですね―に焦点を当てる研究をしています)。

 質的研究というのは、数字に還元しにくい・まだできないような人々の行動や社会的な現象を、活字を読んだり、インタビューしたり、会話の内容を分析したり、対象となる人々と一緒に何かしてみたりしながら、それらが「なぜそのような形で行われるのか」を明らかにする調査実践です。そうやってみないと見えてこない人々の営みのという事実、そのメカニズムがあり、その成り立ちを明らかにする、というのが目的です。

 

 ですがそんな説明では、分かりにくいはず。というわけで次回予告、本ブログとしては内容のある初の記事は、私の専門である社会学と社会調査のお話を、出来る限り簡単にお伝えする、ということに挑戦したいと思います。

 

 それではまた。